« 県に続き | トップページ | 梅雨明けないなあ »

寂れゆく旧市街

はがじゅうほう本日結構が降っておりまして

のおまけ付き

そんな中

近所で瀬田谷不動尊のお祭りがありました

毎年7月27日

石切町と呼ばれるこの地域に

伊達政宗が仙台城築城の際

堺などより招いた

石工がたくさん住んでいて

その石工達の祭っていた神様が

瀬田谷不動尊になります

ここは雀おどり発祥の地でもある

歴史ある町なんですけど

夜の7時頃に行ってみると・・・

のせいもあり

人がいない

店も1つくらいしかなく

いわゆる1店でお面やら食べ物やらやっている

コンビニ出店

林子平のお祭りのときもそうでしたが

昔は車道を

お面

わたあめ

芭蕉せんべい水飴・ベッコウ飴・リンゴ飴

焼きそば・たこ焼き

型抜き

チョコバナナ

かき氷

金魚すくい・亀すくい・鯉釣り

等々の出店が占拠し

特設カラオケステージみたいなモノもありましたが・・・

最近の少子化・ドーナツ化現象(古いか)

など子供がいても

郊外の新興住宅地しかいないんじゃ

仕方ないのかな

でも

金魚すくいは

死守して欲しかった

ちなみに

こんな寂しい祭りで走り回っていた人がいて

車を猛スピードでバックさせたりしていました

車には『芳賀・・・』と読め

なるほど

祭りの合図の花火を上げに来た

二日町の『芳賀銃砲火薬店』の人ね

あれよあれよという間に

お散歩

お散歩3

瀬田谷不動尊

|

« 県に続き | トップページ | 梅雨明けないなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事