« 大昔いたなあ1 | トップページ | 民家が無いからって »

大昔いたなあ2

今の高校生がちょうど生まれた頃

いたんです

日本に

風船おじさん

風船が浮力の

ファンタジー号』に乗り

周りの制止を振り切って

アメリカへと飛び立った

太平洋上で消息を絶ち・・・

まさしくファンタジーな人生の

ピアノ調律師の

鈴木さん

海の藻屑と成り果てたんでしょうね

そして伝説へ

|

« 大昔いたなあ1 | トップページ | 民家が無いからって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事