« やっぱりコレ! | トップページ | 桜の季節 »

日本語

ソフトバンクの販売店の『頭金』問題

気にしないとか

気がつかない人も多いんですが

『iPhone』が発売された辺りから

かなり目立つようになりました

この頭金は

携帯電話の本体価格への充当というモノではなく

単に販売店の利益になるだけの『上乗せ金』です

なので

『頭金』という日本語は不適切な使用ということになります

割賦販売だと

ソフトバンクは月月割なる割引(コレもややこしいんですけど)で買える為

あまり購入者はトータル金額を気にしないので

その場では気付かずに後々トラブルになりがちです

売上金に関わるわけですから

そもそも販売員が『自称 頭金』の意味について説明することは皆無

特に『iPhone』は黙っていても売れる商品の為

価格が上乗せしやすいのですよ

まあそれ故に問題も表面化し

大きくもなってきているんですが・・・

それにしても購入者は購入時『頭金』について気にしないのか・・・

購入者は常識的に

『割賦(ローン)時に最初に支払う契約(販売)金額へ充当するもの』

という本来の意味の『頭金』と当然認識するため

その場で説明を求める人は少ないでしょう

人によっては

『手付け金』感覚(厳密には違いますが)かもしれません

でもどちらにせよ

計算すれば割賦総額を超えているのです

これはソフトバンクが割賦にかかる価格を販売店に指示して表示する為

販売店が本来持っている価格決定権(いわゆる店頭販売価格ね)が

うまく使えないから起こります

例えば

「黙っても売れるから1台あたり5,000円利益を上乗せしたい」と

販売店が50,000円の機種を55,000円で売りたくても

ソフトバンク本部の方で割賦の価格が50,000円と決められると

販売店側では割賦に組み込めずに後付けするしかないって事です

【総額50,000円になる割賦金+5,000円】=55,000円(販売店で売りたい価格)

って感じです

割賦以外の部分を加えた

最終的な販売価格(上記で言えば55,000円)については

代理店などの販売価格決定の権利を縛れないのもあって

ソフトバンク自体が事実上容認しています

説明しない販売店側が一番の問題ですが

根本原因が月月割の制度自体の問題でもあるので

ソフトバンクの姿勢も問題がないとはとても言えません

ソフトバンクの販売店は

ほとんど代理店です

(直営は仙台だとクリスロードくらい・・・表参道は有名ですが)

なので利益を個々であげないと経営は大変でしょう

でもドコモショップはすべて代理店だった気がしますが

こんな『自称 頭金』なんて聞いたことがないです

ソフトバンクで一番安全なのは

ソフトバンクのオンラインショップくらいでしょうねぇ

それにしても

こんなことやっているのはソフトバンクくらいだし

今個人的に持っているドコモとソフトバンクの携帯のうち

ソフトバンクの携帯の方を

いろいろ賛否もありますが『Xperia』へ移行しようかなあ

ちなみに

説明されず理解しないで割賦金以外の『頭金』払っちゃった人は

店に抗議するかソフトバンクに直接交渉すれば

返金される場合があるようです

※(その際「Wホワイトなどに加入すれば頭金なし」

などと言われてオプションに入った場合も

オプション金額が返金対象になるようです)

※(基本ソフトバンクショップでの機種の変更・購入は

『頭金』以外の紛らわしい表記もあるようですので

総支払い額計算は必須です)

|

« やっぱりコレ! | トップページ | 桜の季節 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事