« 遅咲き | トップページ | 地元では有名ですが »

うんざりの3級市民

中国人および朝鮮民族

自衛隊関連と憲法九条改正には過剰反応し

毎度毎度

「日本は戦争する気だ!」とかなんとか言いがかりをつけて

内政干渉してきますが

誰が考えてもわかるように

単に自分達が軍事的に優位に立ちたいだけ

騒ぐだけでライバル国の軍事行為を抑制出来るんだから安いモノ

・・・くらいに考え

バカの一つ覚えみたいに繰り返します

そして自分のことは棚に上げ

何かあると彼の国々の民衆は

「日本を攻撃すべき!」

「核攻撃しろ!」

と平然と言ってのけます

どっちが戦争したいんでしょうね

日本は少なくとも第二次大戦後

60年以上ドンパチしていません

100パーセント領海・領空侵犯されても

攻撃する権利を国際法上明確に認められている場合であっても

自衛隊は攻撃もしていないし

威嚇射撃すらしない・・・

これでは

学校で教師を殴る最近のクソガキのごとく

または

下北半島の日本猿や

都会のカラスと同じ

甘やかして攻撃しないから

調子に乗って向こうから仕掛けて来るんですよね

だって

何したってげんこつ飛んで来ない訳ですから

でも

現実世界では時には武力による

明確な

もしくは

暗黙の

威嚇が必要な場合もあるのです

外交なんて

軍事の後ろ楯がないとバレバレのハッタリと同じく

効果は望めない

アホな国内の平和論者が平和を声高に叫んでも

自分以外同調しなければ絵に描いたモチ

自国に攻め込まれて

目の前に銃を突きつけられても平和をとなえているんでしょうね

そういう連中は

きっと引き金を引かれて死ぬまでの刹那に後悔するんでしょう

いや

バカは死んでも治らないって美輪明宏も言っていた

死んでもあの世で平和を唱えるんでしょうなあ

|

« 遅咲き | トップページ | 地元では有名ですが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事