« またですかい | トップページ | 神社本庁 »

虚妄の学園

仙台育英の硬式野球部員

窃盗目的で被災した多賀城のリサイクルショップに侵入した事件

別に驚きもしないのは30代以上でしょうね

かつては

『宮城刑務所(宮城刑務所ではない)』と言われるような

高い塀と内側に返してある有刺鉄線に囲まれた

とても学校には見えない場所であり

授業時間に生徒が学校敷地外で生徒がサッカーをしたり

自転車を校内に止めようモノなら

バラバラにされて

パーツを盗まれる程度の事は日常茶飯事な光景であり

カツアゲなんかも基本スキルとして体得しています

当時

特進や英進とかって学業の精鋭をつくって

ただ金を集める為に

ピラミッドの底辺たる

教養という名のコースに

どこの高校にも入れなかった連中を大量に受け入れる

という階層構造になっているのは有名でした

全国的には

関西の有名野球高に入れなかった生徒を引っ張って来て

気勢を上げる野球部や

駅伝走らせる為だけににアフリカ人連れてきたりと

高校という教育現場にあるまじき

えげつない方法をとって

スポーツで名を売っていましたが

ハッキリ言って地方にありがちな

基本的に公立高校がステータスが上という仙台地区では

典型的な学力の低い私立のヤンキー高校の一つであり

ガラの悪さでは

同じくスポーツで有名な

東北高校といい勝負という具合でした

こういう過去を見てきているので

どんなに一部生徒たちの学力を上げようが

スポーツで全国的に名を売ろうが・・・です

だから

窃盗目的で店に侵入したとか報じられても

地元の30代以上からしたら

「別に不思議でも何でもない」

「やっぱりね

くらいですね

彼らの通学路を見ていると

歩道を4、5人で横一列に歩き

駅の出入口を

我が物顔に占拠する様を未だに見ることが出来ますよ

|

« またですかい | トップページ | 神社本庁 »

旅行・地域」カテゴリの記事