« 大久保 博元 | トップページ | ダム巡り番外編 »

現場

少し前

ニトリで某長座椅子を買ったんですが

ヘッド部のリクライニング不良で返品&返金になりました

重力に負けて14段階のリクライニングが実質6、7段階にしかならず

要するに垂直にならないので

頭が常に押される感じになります

購入日当日に

お客様相談室に電話しても

業務終了時間10分前だったので

意図的に「大変電話が混み合っている」状態にされてつながらず

後日お客様相談室に電話

すると

販売店の担当から連絡ということになり

売り場担当と話す

確認してもらうと在庫すべてが同様の症状で不良品

(ちなみに別店舗の見本も同様)

結局本社確認となる

しかし

担当バイヤーと連絡がつかないとやらで

回答は来週になるとか言われる始末・・・

結局その週のうちに連絡がつき

売り場担当の人から電話が来る

本社の見解としては

これが仕様だそうで

回収せず販売は続けるとの事

堂々と頭部14段階リクライニングと表記しておきながら

フラットの状態じゃないとリクライニングを維持できない・・・

座椅子なのに椅子の状態じゃ

頭部リクライニングは不完全

それは仕様ときました

間に入った担当の人は感じの良い人で

「申し訳ありません」

「私もこの対応はおかしいと思います」

「せっかくのお客様の意見が反映されない」等

気の毒なサラリーマンぶり

本当は脚部リクライニングも似たような不良だったんだけど

そっちはあえて言いませんでした(支障はなさそうだったし)

しかし現場の店舗の人って

商品の根本的な不良で

本社自体が悪くても

矢面に立たないといけないからねえ

結局

返金と返品がモノが大きくて面倒だったので

使者をよこして貰う

そしてこれにて

エンガチョ

ニトリは安かろう・ヤバかろうでした

いい勉強になったなあ

|

« 大久保 博元 | トップページ | ダム巡り番外編 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事